年会費等振込先

年会費等振込先:ゆうちょ銀行
 加入者名:ロシア・東欧学会
◆郵便局での払い込み
 00150-8-0177731
◆他行からの送金 019店 
  当座0177731
 

連絡先

事務局連絡先
ロシア・東欧学会事務局長 
  道上真有(Michigami, Mayu)

  〒950-2181 新潟市西区
  五十嵐2の町8050

  新潟大学経済学部 道上真有研究室気付
  email: jarees_office@yahoo.co.jp

事務局メンバーシップ担当(武田友加)
  email: membership@jarees.sakura.ne.jp
事務局会計担当(横川和穂)
  email: kaikei@jarees.sakura.ne.jp   

学会支援機構(ロシア・東欧学会事務委託先)
  email: jarees@asas-mail.jp
 
 
 

会議

会議 >> 記事詳細

2020/10/17

2020年度ロシア・東欧学会総会(オンライン)議事録

Tweet ThisSend to Facebook | by ロシア・東欧学会事務局

20201017日(土)16:4017:20 北海道大学/ Zoomミーティングによる開催

司会:中村副代表理事 

 

1.2019年度決算が事務局横川会計担当より報告され、上野・羽場両会計監事による監査結果報告を経て、決算が了承された。つづいて2020年度予算案が横川会計担当より提案され、原案通り承認された。

2.役員選出に関する学会会則および役員選出規程の改正案が、田畑代表理事より提案され、原案通り承認された。改正会則および改正役員選出規程は、20201017日に即日施行された。

3.研究大会参加者に関する内規ならびに事務局内規が理事会で承認され、制定されたことが中村副代表理事から説明され、了承された。

4.研究奨励賞の選考結果が松里選考委員長から報告され、今年度の研究奨励賞は、宇野真佑子氏の「ユーゴスラヴィア解体前夜のクロアチアにおける第二次世界大戦の想起――1990年の週刊誌 Danas の分析」(『ロシア・東欧研究』第48 号掲載)に授与することが発表された。続いてオンラインで授賞式が執り行われ、田畑代表理事から宇野真佑子氏に賞状、副賞が授与された。

5.2021年度研究大会が、大阪大学で202110月頃に開催予定、藤原克美会員が大会組織委員長に就任することが理事会で承認されたことが中村副代表理事より報告された。

6.201911月の研究大会終了後から20201017日までに理事会で承認された12名の新入会員、休会者1名、退会者9名の個人会員と1名の法人会員、会費長期未納等による除籍者14名が武田メンバーシップ担当より報告された。また、会員名簿刊行状況と会員MLが完成したことが報告された。つづいて、退会者の中で、今年度に事務局で把握できた逝去による退会者5名(神沢有三、木村明生、木村汎、五井一雄、野尻武敏(敬称略))に対して、オンライン上で黙とうをささげた。

7.会誌編集委員会から学会誌の編集状況が報告された。ロシア・東欧研究の編集状況について大串ロシア・東欧研究副編集委員長からの報告を道上事務局長が代読し、JSEESの編集状況と投稿追加募集についてヨコタ村上JSEES担当副編集委員長から報告があった。

8.  故・中村泰三氏寄付金について、田畑代表理事からこれまでの経緯説明と、若手研究者育成のため、2021年夏に札幌で学部生34年生、大学院修士院生、博士院生を対象にした2日間程度のサマースクールを開催する企画に寄付金を活用すること、次回開催の理事会で企画詳細について決定することが報告された。

9.日本学術会議地域研究委員会から当学会に対して要請のあった「日本学術会議推薦者の任命拒否についての声明」を20201015日にロシア東欧学会理事会として発出し、学会HPで掲載したこと、この声明の発出については理事40名のうち31名が賛成、反対が2名、保留が3名、棄権が2名、未回答が2名であったことが田畑代表理事から報告された。

10. 日本学術会議推薦者の任命拒否問題についてJCASAからも緊急声明発出することに対して、当会も賛同し、20201015日付でJCASAによる緊急声明発出にロシア・東欧学会代表理事田畑伸一郎名義で参加したことが小森理事から報告された。

11.  ICCEES世界大会が2021年に延期されたことをうけ、開催予定であった東アジア大会が2021年には開催されないことが、田畑代表理事から報告された。

12. 一身上の都合により角田安正会員の理事ならびに学会HP担当の辞任が理事会で承認されたことが報告された。

 以上


20:27